読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TJAR2016 旅立ち編

遅くなりましたが時系列でTJAR2016を振り返ってみます。

まずはスタートまでのあれこれ、

8月6日(土)前日は炎天下の観察会~夜遅くまで最終準備などしていたため起床はのんびり朝8時ごろ。朝から暑い一日だったと思う。前回2012年は出発日に娘と映画「狼こどもの雨と雪」に行くなど忙しく?過ごしたが、今回はこどもとテレビをつけっぱなしでダラダラ過ごした。寝ようと思ったが中途半端な時間帯で眠れず。

 

13時に上司&応援団?のAbさんが家まで迎えに来てくれて、息子と娘の見送るなか、諸荷物をもって出発。スタート装備&ウェアの他に、市野瀬行き&大浜行きデポ品も持った。信濃町ICから高速に乗ると車はスムーズに流れ、15時半頃には魚津ミラージュランドに到着。受付の建物に行くと、すでに数名の選手を発見。握手&ご挨拶して16時からの受付を待つ。たしか、受付は1600-1930となっていて、こんなに早く来ることはなかったのだけど。遅れそうになってバタバタするよりは良い。

 

16時いよいよ受付Sueさん、H井さん等に会い、必須装備品のチェックをY川さんにしてもらって、あとは21時までの開会式まで時間を持て余すことに。それでも到着してくるいろんな選手と挨拶、今回取材に入ったNHKのインタビューなどに答えてワラワラしているうちにそれなりに時間が過ぎて、コンビニファミマで最終買い出し、ここで所用のあるAbさんとはお別れ、コンビニ飯をつまんで、寝ようと横になったり、暑くて寝れなかったり、U波さんのTシャツにサインをしたり、コーヒー無料の会場に行ってみたり、アクタさんにNewHaleを貼ってもらったり、しているうちに21時近くなり、全員でステージへ移動。ここで声かけられた方と話すと、なんと親戚のSmさんが金沢から来てくれておりました。

 

21時~ 魚津市長の挨拶、関係者の紹介&ご挨拶、選手紹介(とくに個人でしゃべる時間はなかった)、宮司さんによる入念なお祓い、実行委員長の挨拶などあり、ステージイベントは終了。いったん和室に戻って、選手ブリーフィング。CP通過の方法、走行禁止&ヘルメット着用区間ビバークに関する細かいルール確認など。寝ておきたいが寝る時間もなく、あっという間にスタート30分前になり、スタート地点「早月川河口」へ移動。日本海の温い海水に手を付けたりの恒例儀式のあとに、I島委員長のエイ・エイ・オー的な挨拶があっていよいよスタート。相変わらず、ライトに集まる虫(羽虫?)がすごかった。