読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六甲キャノンボールラン(Power)参加

ずいぶん前のことなので忘れてしまいましたが、メモ、

 

■第16回六甲縦走キャノンボールラン

■2017年3月25日~26日

■パワー112kmの部(前半7時間09分、後半7時間50分くらい)

 

3/25(土曜) 朝8?時ごろに長野を出発、途中大阪あたりで高速を降りて「うどん」を食し、午後3時ごろに神戸北東横インにチェックイン。

 

その後、ホテルから電車で三宮?あたりに出て、デーパートや中華街をぶらぶら。肉まんの行列に並んだり、ザクロなる洋菓子を求めたり。

 

いったんホテルに帰ってから出発の準備。スタート(21時だったっけ?)の須磨公園までは車で送ってもらう。場所がいまいちわからなかったが、須磨浦ロープウェイの駅が集合地点だった。すでに大勢が集結。地図をコピーしてくれるというムラカミ君には、奇跡的に会えた。地図をいただき、まもなく出発。

 

速くもなく、遅くもないペースで進む。地図を片手にしているが地元で詳しそうな人のあとをひたすら追走。途中のカレーエイドあたりから、地元のアラヤさんと一緒に走ることに。おしゃべりしながら、この方、昨日は別の山岳トレールを50kmほど走ってきたとか、、疲れているのでゆっくり進むとか。

 

終盤、あと6kmほどで宝塚の折り返し、、このあたりで足を根っこか石にひっかけてバッタリ転倒。ダメージはさほどなかったが、実はここでサイフを落としたらしいw今回はなぜか多めの7千円ほどを入れてあった、、

 

これに気づいたのが、実は折り返しの宝塚。宝塚ではすでに前半ゴール後、翌朝の復路スタートに向けて休養しているランナーが20名?ほどおられましたが、彼らに聞いてみるも知らない様子。スタッフもだれもいないし。後続のランナーのどなたかが拾ってくれるとは思うが、とりあえず復路へ(引き返すことに)。そこに居合わせたのが、TJARでもテンバでお世話になったうえださんでした。あらさんはここでいったん友人と下界へ休息に。ジュース代として2千円を貸してくださいました(いったんは固辞したものの、、助かりました)

 

とりあえず、きょろきょろ財布(緑色)を探しつつ戻る後半戦。走りに集中するわけでもなく、だらだら帰って7時間50分あたり、、途中は閉店中のエイドでおにぎり、味噌汁、から揚げをいただいたり、選手からアンパンを分けていただいたりしながら、晴天のなか(暑かったな~)戻りました。

 

終わってからは、後続選手のおむかえ。シンドー選手はなんとSpeedの4位でゴール、さすがでした。ムラカミくんは超早い往復12時間くらい、ヨシフジくんだって速かった。さすがの面々。

 

その後、、財布は後続選手に無事に拾われ事務局経由で手元に届き(感謝)。家族と合流、チャリラン屋で短時間打ち上げをさせてもらって長野に戻ることができました。深夜2時ごろ?相変わらず弾丸旅行でした。