第68回勝田全国マラソン 完走記


f:id:tor676:20200128040454j:image

アイラブ勝田マラソン。最高の天候に恵まれNIKE4%VFも投入しましたが三年連続で3時間オーバーとなりました。残念ですが実力どおりと納得、去年よりは1分更新したのが救い。


f:id:tor676:20200128040416j:image

記録 3:05:08 (ネット3:04:55)

手元5㎞計時 21:53…21:14…21:41…21:51…(中間1:31:30)…21:58…22:05…22:22…22:21…9:39


f:id:tor676:20200128040342j:image

装備 シューズNIKE 4%VF(万代書店中古1500円)、サロモンショーツ、ファイントラックメッシュ下着、黒ランシャツ、ザムストのカーフとアーム、Xソックス。パワージェル1つ消費


f:id:tor676:20200129160307j:image

メモ

前日は霞ヶ浦~土浦に宿泊、万全の体制でマラソン参加のはずが夜9時には寝る体制になりながら朝まで一睡もできないというノミの心臓か更年期障害か。ま、ともかく8時15分くらいには勝田到着の電車で会場入り。スタート10:30まで時間ありすぎた。1時間前にはスタートブロックBに到着、まだ数名のみ。小田原から参加のランナーさんとおしゃべりしながら時折吹き抜ける寒風のなかしゃがみ込んで待つ。敷物として新聞など持ってくれば良かった。天候は曇り低温、風は弱めとのこと。tjおーにしくんも隣に来る。直前でもブロック前方に割り込んでくるくる。このへんの弛いところも善し悪し。名物おじさんのMCは健在。

 

スタートロスは13秒。スピードスタミナのいずれも自信無いため、そろりそろりと流れに乗る。後続にどんどん抜かれて一キロ通過は4:50.くらい?周りはCゼッケンに囲まれてる。NIKE厚底での初レース、なんだかぎこちない走り、序盤は4:15サブスリーペースに拘らずやさしい走りを心掛ける。

 

10㎞すぎて世界のオーノに抜かれる「持ちタイム無いから後ろから出ました」とのこと。15㎞前の上りでガクッとスピード落ちるが無理しない。ハーフ前で女子の安定したランナーと前後しながら。シューズにも慣れてきたか。ハーフ通過はやはり1時30分をオーバー、だが2倍で3時間03分なら悪くないと思う。

 

30㎞までなんとかたどり着く。後ろから職場の元同僚はなおかさん、それとうしきさん、女子のパックにさくっと抜かれる。見える範囲で追いすがる。二段坂でもスピード落ちる。35㎞に到達、なんとオーノさんが失速中「40分以上走ってないとこんなもん」とか。

 

最後の大通りも長いけど並走ランナーから遅れないよう、かといって無理して痙攣などしないよう粘る。厚底クッションに体重のせて推進力を得るイメージ。ゴールが見えた、まだ4分台が無情にも5分に変わりゴール。


f:id:tor676:20200128040521j:image

知っているかたの記録、さすがだ。

うえだルイさん2:33、K林さん2:38、ダニさん2:41、しんやくん2:58、かなもりさん2:56、なかじくん2:54、おーにしくん2:58、はりてんさん2:58(64歳ですと!)、以上サブスリー。あきもとさん3:01、はなおかさん3:03、うしきさん3:05、なかーたさん3:26どーしたのかな?

 

これで勝田は通算7勝3敗。やはりこの年齢でサブスリーを狙うなら、私の場合は何回かハーフ~フル走りながら調子を上げてゆく戦法でないと難しい。今シーズンはこれっきりにて打ち止め。55歳までにもう一度、サブスリーの美酒を味わいたい。